10歳のポケモンマスター 世界大会で優勝、凱旋帰国

アメリカのワシントンD.C.で8月16日(金)~18日(日)に行われた「2019 ポケモン・ワールド・チャンピオンシップ(PWCS)」ゲーム部門ジュニアディヴィジョンにて、台湾人の10歳の少年が優勝した。
PWCSは2009年から行われており、各地域での予選を勝ち抜いた猛者がワシントンD.C.での本選に出場できる。少年は台北市の小学校に通う呉比くん。「奨学金」として1万㌦とトロフィー、次回の出場権が贈られた。帰国した際空港での取材に対し、呉比くんは「優勝を通じて世界中が僕たちの国に注目してくれたら」と話した。
(8月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP