1月の平均気温過去5位 地球規模の温暖化が加速

中央気象局気象科技中心主任・鄭明典氏は2月21日(水)、今年1月の平均気温が138年間で5番目に高かったことを公表した。

氏によると、1月は寒気団の到来による低温も発生したものの、地球規模で見るととりわけ北半球で観測史上6番目の高温を記録したという。また「アメリカ海洋大気庁(NOAA)」が公布した2018年1月の地球平均気温は12.71度で、長期平均気温よりも0.71度高かった。長期観測データによると、1月の平均気温は10年ごとに0.07度上昇しているが、1975年以降は0.14度。台湾の1月の平均気温は18.15度で、長期平均気温17.41度と比較し0.73度高かった。

(2月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP