1時間以内の修理要求 携帯店スタッフを殴打

 

昨年8月、高雄市仁武区にある携帯ショップにて、来店客の男が1時間以内の修理を要求し、これに応えられなかった店員を殴った件で、検察はこの度傷害、恐喝及び公然侮辱罪にて男を起訴した。

男は58歳で、来店時にスタッフの女性が修理には7~14日を要すると伝えたが同意せず、1時間以内に修理するよう要求。1時間後、店に戻ったところ修理が完了していなかったことに激高し、この女性スタッフを罵ると同時に頬を殴った。

女性はすぐに警察に通報、警察は監視カメラの映像などを証拠に男から事情聴取をし、男が認めたため立件していた。

(1月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

分類

ピックアップ記事

  1. 昨年2月、新北市に住む18歳の男子が友人とともに17歳の少女に対し性的暴行を加えた件で、…
  2. 11月24日(土)の統一地方選を前に、中央選挙委員会は13日(火)、「公職人員選挙罷免法 第53…
  3. 中華圏では〝雙11〟と呼ばれる11月11日(日)を中心に毎年恒例のネットショップセールが行われ、中国…
PAGE TOP