1時間以内の修理要求 携帯店スタッフを殴打

 

昨年8月、高雄市仁武区にある携帯ショップにて、来店客の男が1時間以内の修理を要求し、これに応えられなかった店員を殴った件で、検察はこの度傷害、恐喝及び公然侮辱罪にて男を起訴した。

男は58歳で、来店時にスタッフの女性が修理には7~14日を要すると伝えたが同意せず、1時間以内に修理するよう要求。1時間後、店に戻ったところ修理が完了していなかったことに激高し、この女性スタッフを罵ると同時に頬を殴った。

女性はすぐに警察に通報、警察は監視カメラの映像などを証拠に男から事情聴取をし、男が認めたため立件していた。

(1月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP