1時間以内の修理要求 携帯店スタッフを殴打

 

昨年8月、高雄市仁武区にある携帯ショップにて、来店客の男が1時間以内の修理を要求し、これに応えられなかった店員を殴った件で、検察はこの度傷害、恐喝及び公然侮辱罪にて男を起訴した。

男は58歳で、来店時にスタッフの女性が修理には7~14日を要すると伝えたが同意せず、1時間以内に修理するよう要求。1時間後、店に戻ったところ修理が完了していなかったことに激高し、この女性スタッフを罵ると同時に頬を殴った。

女性はすぐに警察に通報、警察は監視カメラの映像などを証拠に男から事情聴取をし、男が認めたため立件していた。

(1月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP