1万6千元のケーキ 注文取り消しで紛争

台北市内の有名洋菓子店にて、最近、1万6000元のケーキをオーダーした客が受け取り前にキャンセルし、同店が経費を請求したところ客が店を相手取り詐欺で訴えるという出来事があった。

この客は7月17日(火)に同洋菓子店を訪れ、1万6000元のケーキを予約し、費用をクレジットで支払ったが、翌々日になってキャンセルを申し出た。同店ではキャンセルに関する取り決めをしておらず、すでに材料や梱包資材などを海外に発注していたため、経費として3500元の支払いを請求。しかしながら客はこれを不服とし、全額バックを要求した。消費者サービスセンターはキャンセルを容認し経費の支払いを求めた。

(7月24日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP