鶏1500羽が死亡 爆竹の音に驚きパニック

雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽が死ぬという出来事があった。
経営者によると、この養鶏場では1万5000羽の鶏を養育。年越し前に出荷する予定だったが、販売者の都合で年明け後の出荷に変更された。4日(月)20時頃、家族で夕食をとっていると隣人から、爆竹に鶏が驚いてパニック状態との連絡を受けた。急いで鶏舎に行ってみると、鶏は互いに踏み潰し合い約1500羽が圧死していたという。
経営者夫妻は、鶏が大きな音に驚くのは周知の事実で、これまでにも爆竹などを使う場合は先に知らせがあり対策をとってきたという。損害額は30万元にものぼる。
(2月5日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP