高雄韓市長にチクリ 高屏国際空港の建設案

高雄市の新市長に就任した韓國瑜氏が、最近提案した「高屏國際大機場」建設案に関し、政界及び支持者の間で議論を醸している。
桃園市議員の王浩宇氏は自身のフェイスブック上で「高雄や屏東に国際空港が必要か? 笑い話だ」と一蹴、これに対し韓氏の支持者らは「桃園国際空港こそ笑い話のようなもの」と真っ向からぶつかった。
王氏は、桃園空港が「世界のベスト空港ランキング」で2011年には世界31位だったところから18年には15位まで成長しているなどデータをもとに応戦。「高らかにスローガンを叫び、夢や幻のような政策を掲げても短期的な注目しか集められない」として韓氏の手法に異を唱えている。
(12月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP