高雄韓市長にチクリ 高屏国際空港の建設案

高雄市の新市長に就任した韓國瑜氏が、最近提案した「高屏國際大機場」建設案に関し、政界及び支持者の間で議論を醸している。
桃園市議員の王浩宇氏は自身のフェイスブック上で「高雄や屏東に国際空港が必要か? 笑い話だ」と一蹴、これに対し韓氏の支持者らは「桃園国際空港こそ笑い話のようなもの」と真っ向からぶつかった。
王氏は、桃園空港が「世界のベスト空港ランキング」で2011年には世界31位だったところから18年には15位まで成長しているなどデータをもとに応戦。「高らかにスローガンを叫び、夢や幻のような政策を掲げても短期的な注目しか集められない」として韓氏の手法に異を唱えている。
(12月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP