高雄市街地でまたガス爆発 死傷者なしも避難呼びかけ

高雄市鼓山区の龍德路と神農路交差点付近にて、3月24日(日)23時50分頃、下水道でガス爆発が発生。マンホールが爆風で吹き飛び、濃煙が立ち上った。
高雄市ではこれまでにも度々ガス爆発が起きており、2014年には前鎮区、苓雅区の地下を通るプロピレンガスパイプラインが漏出、2~3平方㌔範囲内の7地点で発生。32人が死亡、321人が負傷した。
今回の爆発の原因は、調査でプロピレンガスによるものではないことがわかっているが、周辺の住宅は停電となり、ネット上では避難を呼びかける書き込みが相次いだ。
(3月26日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP