高雄市街地でまたガス爆発 死傷者なしも避難呼びかけ

高雄市鼓山区の龍德路と神農路交差点付近にて、3月24日(日)23時50分頃、下水道でガス爆発が発生。マンホールが爆風で吹き飛び、濃煙が立ち上った。
高雄市ではこれまでにも度々ガス爆発が起きており、2014年には前鎮区、苓雅区の地下を通るプロピレンガスパイプラインが漏出、2~3平方㌔範囲内の7地点で発生。32人が死亡、321人が負傷した。
今回の爆発の原因は、調査でプロピレンガスによるものではないことがわかっているが、周辺の住宅は停電となり、ネット上では避難を呼びかける書き込みが相次いだ。
(3月26日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP