高雄の違法夜市 11月で営業停止

高雄市経済発展局は10月29日(火)、前鎮区にある「一徳夜市」が違法に営業しているとして11月11日(月)をもって営業を停止するよう命じた。
同夜市は30年に渡り営業していたが、夜市利用者による騒音やゴミ投棄などの被害が年々増加していた。同局では2012年11月12日に「高雄市露天商臨時集中場管理自治条例」を制定。出店者は7年以内に管理委員会組織名義で申請し、認可を得た場合のみ営業を継続できるとした。しかしながら同夜市では未だ申請手続きを終えておらず、同局は今回の決定に至ったとしている。
なお同夜市に出店していた露天商300店余りは、今後その他夜市へ移動するなどサポートしていくという。
(10月29日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園国際空港で11月2日(土)14時頃、ベラルーシ籍の男が滑走路に侵入、離陸準備中の機体に潜伏し…
  2. 彰化縣鹿港鎮で毎年開催されるグルメイベント「鹿港廟口小吃宴」の受付が11月6日(水)8時半にスタ…
  3. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
PAGE TOP