高速鉄道Wi-Fi 8月より完全整備

 

台湾の高速鉄道車内にて、最近フリーWi-Fi「iTaiwan」が整備され、ネットユーザーが投稿した記事が拡散している。

台湾高速鉄道公司によると、Wi-Fiは現在8割の車両に導入済。今後8月のユニバーシアード開催までに34路線すべての車両への設置を完了させるという。また接続速度など安定性の面でもまだテスト中の段階であり、中華電信が積極的に改善に臨んでいる。

なおユーザーによると、彰化・雲林地区を通過する際に接続が途切れるなど不安定な状態になると報告されている。

(6月20日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP