香港カップル殺人案 犯人の男に資金洗浄剤

昨年2月、台湾を訪れ恋人の女性を殺害し遺体を遺棄した香港人の男が、カメラや所持金を違法に処分したとして香港高等法院は4月29日(月)、男に対し資金洗浄剤で29カ月の刑を下した。
男は収監後の態度も良好で、今年10月には釈放予定だった。香港政府司法省は、基本的に香港内での犯罪に対する管轄権のみを有するため、殺人罪に問うことができないという。
(4月29日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 地元新聞「聯合報」に、9月11日(水)、夫の不倫相手を糾弾する広告が掲載され、物議を醸している。…
  2. 総統選への出馬を表明している高雄市長の韓國瑜氏が9月8日(日)、新北市の大台北都会公園にてプロモ…
  3. 台湾内政部は9月11日(水)、最新の「簡易生命表」を公布。これによると、昨年の台湾における平均寿…
PAGE TOP