餃子の王将、台北1号店 2年のリサーチ経てオープン

日本の中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」の渡辺直人社長らは、4月27日(土)の台北1号店オープンに先立ち、24日(水)に会見を行った。1号店は信義区の「統一時代百貨」地下2階にオープンする。
台湾では高雄の2店に続き3店目。店舗デザインを担当した折原美紀氏によると、オープンキッチンできちんと作っている様子を見せつつ、富士山などで和の要素を表現したという。
渡辺社長は「高雄の2店で台湾人の好みをリサーチ。日本人にも台湾人にも喜んでもらえる味を研究した」、今後については「ただ増やすのではなく、1店1店が愛される店づくりをする」と強調した。
(4月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP