餃子の王将、台北1号店 2年のリサーチ経てオープン

日本の中華料理チェーン「餃子の王将」を展開する「王将フードサービス」の渡辺直人社長らは、4月27日(土)の台北1号店オープンに先立ち、24日(水)に会見を行った。1号店は信義区の「統一時代百貨」地下2階にオープンする。
台湾では高雄の2店に続き3店目。店舗デザインを担当した折原美紀氏によると、オープンキッチンできちんと作っている様子を見せつつ、富士山などで和の要素を表現したという。
渡辺社長は「高雄の2店で台湾人の好みをリサーチ。日本人にも台湾人にも喜んでもらえる味を研究した」、今後については「ただ増やすのではなく、1店1店が愛される店づくりをする」と強調した。
(4月24日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP