飲酒否定の事故加害者 「薑母鴨食べただけ」

 

桃園市桃園区の桃鶯路と建國東路交差点にて、9月25日(月)深夜、バイクに乗った19歳の女性が対向車に撥ねられ、死亡する事故があった。対向車を運転していた36歳の男の血中からアルコール0・21㍉グラムが検出されたが、男は飲酒を否認、「薑母鴨を食べただけ」と主張している。

内政部警政署によると、2016年の酒酔い運転摘発数は10万4756件、102人が死亡している。今年1〜8月は7万860件、43人が死亡。

飲酒運転事故の多発を受け、金融監督管理委員會保險局副局長は、来年3月より飲酒運転歴のある者の共生保険額引き上げを実行するとしている。(9月27日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市の高齢者支援機関「弘道老人基金会」が、彰化縣にて今年春から4カ月に渡り、高齢者たちへの識字…
  2. 台北市動物保護署はこの度、今年上半期にリードなしでペットを散歩させた条例違反者数が30人にのぼる…
  3. 台北市大安区の大安森林公園地下駐車場が7月から月極賃貸料の値上げを実施、これにより利用者が減少し…
PAGE TOP