面接でセクハラ行為 脱衣に胸囲測定も

 

台湾のネット掲示板にて、近頃、台北市にある科学技術企業の採用試験を受けた女性が、面接時に卑猥な質問をされたことを投稿し、ネット上で同社への批判が集中している。

女性によると、試験は人事部の面接官と2人きりで行われ、卑猥な質問をされたほか、衣服を脱がせてスリーサイズを測られたという。同社幹部はすでに当該スタッフを解雇、弁護士に依頼し進めていることを明かしている。

 

(4月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市警察は4月16日(月)、新北市土城区にてアンフェタミンなど覚醒剤を精製する…
  2. 台北市最大の観光夜市「士林夜市」内のカットフルーツ店でフルーツ7袋を1500元に…
  3. 屏東縣政府民政處によると、今年3月末時点の縣人口が昨年12月末より約1000人減…
PAGE TOP