面接でセクハラ行為 脱衣に胸囲測定も

 

台湾のネット掲示板にて、近頃、台北市にある科学技術企業の採用試験を受けた女性が、面接時に卑猥な質問をされたことを投稿し、ネット上で同社への批判が集中している。

女性によると、試験は人事部の面接官と2人きりで行われ、卑猥な質問をされたほか、衣服を脱がせてスリーサイズを測られたという。同社幹部はすでに当該スタッフを解雇、弁護士に依頼し進めていることを明かしている。

 

(4月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP