静岡「次世代の会」が来台 相互協力・輸出入強化を

 

静岡県島田市の若手経営者による地域グループ「次世代のつどいおおるり」と同県吉田町の「次世代の会オアシス」のメンバーが7月18日(火)、日台の相互協力や輸出入強化を推進するため来台した。

両団体では、台湾の事業者から台湾バナナの提供を受け、11日(火)・12日(水)に市内・町内の保育園や小中学校に配布。子どもたちに喜ばれ、学校給食を担う機関も「今後取り入れて行きたい」としている。両団体ではバナナだけでなくほかの農産物や、吉田町が誇る防災などあらゆる方面での技術提供も視野に入れている。

(7月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP