電子タバコオイル偽造 フレーバー数十種以上

警政署刑事警察局はこの度、電子タバコ用のオイルを偽造していた5人組の男を薬事法違反などの罪で書類送検した。
調べによると男らは中国やアメリカからニコチンを持ち込み、着色料やグリセリン、フレーバーオイルを添加し電子タバコ用オイルとして「茶道(TEA ROAD)」のブランド名で販売。フレーバーは烏龍茶、鐵観音茶、奶茶、スイカ、ウイスキーなど数十種にものぼる。ニコチンが薬物に属するため薬事法違反の対象となり、10以下の懲役または最高で1億元の罰金が科される。
(10月1日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 日本統治時代の台湾で抗日闘争「霧社事件」の犠牲者を追悼する式典を前に、闘争を率いたセデック族の頭…
  2. 2023年の竣工が見込まれる桃園国際空港第3ターミナルの建設工事に関し、交通部長・林佳龍氏は空港…
  3. フードデリバリースタッフによる交通事故が相次いでいる件で、台北市労働局は10月15日(火)、事故…
PAGE TOP