鉄道春節チケット販売開始 アクセス殺到でサイトダウン

 

台湾高速鉄道では1月17日(水)0時より、春節期間中の乗車チケットの予約販売を開始。まもなくアクセスが殺到しシステムがダウン、およそ30分に渡りアクセス不可となるハプニングがあった。

システムでは同時に2万2000人分の処理が可能とされたが、予約開始すぐに2万8000人がアクセス。高速鉄道はすぐに再調整を行い、予約に対応した。

高速鉄道では2月13日(火)~21日(水)の9日間に渡り、南下222便、北上189便の計411便を増便。通常運行と合わせ1609便で乗客輸送に当たる。なお春節期間中も、5~28日前予約による早割は実施する。

台湾鉄道も同期間中、全線にて329便を追加。1月24日(水)0時より公式ウェブサイト上と電話、コンビニでの予約を開始する。また2月14日(水)、19日(月)は30%引き、12日(月)、13日(火)、21日(水)、22日(木)は31%引き、15日(木)~20日(火)は樹林―宜蘭―花蓮間の指定快速(対號区間快車)を優待額にて販売するなど、混雑緩和策を講じている。

(1月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市三民区にある小学校で、学校指定の制服が一式4000元余りと高額であることか…
  2.   行政院は5月14日(月)、低給与の救済に関する法案を公布。来年1月にも1…
  3.   日本で焼き鳥修業中山北路二段から林森公園につながる小路を入ると、真新しいコンクリート打…
PAGE TOP