金馬奨審査員長にコン・リー 4年ぶり、実行委と和解に

今年11月に行われる台湾最大の映画祭「台北金馬映画祭」の実行委員会は、7月17日(火)、「金馬奨」の審査委員長に中国の女優・コン・リー(鞏俐)が就任したことを発表した。

コン・リーは2014年に同奨にノミネートされたが受賞を逃し、所属事務所関係者が同奨を批判。二度と参加しないと公言した。しかしながら同映画祭委員長のアン・リー(李安)監督の説得により、実行委員会との関係を修復、審査員長就任に至った。

(7月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP