金門島の降水量過去最高に 9時間で雷3000回超

 

台湾西部の金門島では、5月7日(月)朝から激しい降雨があり、17時までの累積降水量が139ミリを記録。最大1時間降水量は77ミリに達し、2004年に観測点を設置して以来の最高記録となったほか、また11時~20時の間に3177回の雷が発生した。

さらに西部の小島・烈嶼では累積雨量が206ミリに達した。金門気象ステーションの主任によると、激しい雨を伴う前線が金門島に接近、同日13時頃から雨の勢いが強まったという。さらに上昇気流により雷雨が発生、雷電の多発を引き起こした。落雷は445回、14%に達した。

金門島を中心に発生した雷電が書きこまれた気象図がFacebookページ「天記風険 WeatherRisk」に投稿され、これを見たネットユーザーらは「あり得ない」、「こんな画は見たことがない」、「雷神ソーの怒りだ」などと大いに盛り上がった。

(5月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 今年4月、保育士による窒息死事件があった台北市の保育所「我們的連鎖托嬰中心」内湖分園が、近頃名称…
  2. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  3. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
PAGE TOP