野良猫の虐待が頻発 犯人検挙に奨金20万元

台北市松山区近辺で今月初旬、腐食性の薬品を浴び負傷した野良猫が多数目撃されていた件で、猫好きを公言する男性タレントが周辺のパトロールを実施している。

負傷した野良猫は今年5月末頃から、松山区の復源公園や敦化公園一帯で見つかるようになり、市の愛護団体や動物病院などがこれまでに11匹を保護。いずれも熱湯や熱した油、薬品により皮膚や肉にけして軽くない傷を負っており、異常者による虐待的犯行とみられる。

野良猫の保護団体は市民に対し、猫がこれ以上被害に遭わないよう注意・保護を呼び掛けるとともに、20万元の奨金をかけ犯人を目撃した場合の通報を促している。

(7月9日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP