遅刻した客がクレーム オーナー「落ち度なし」

台中市にあるカフェレストランにて5月27日(日)、予約時間を過ぎたため取り消されたことに憤慨した客が苦情を申し立てた件に関し、オーナーが「スタッフに落ち度はない」として謝罪を拒否したばかりか、同スタッフの給与を引き上げるという出来事があった。

オーナーによると、苦情を受けた後、店内のカメラや電話の録音データから予約を受けた時間、この人物が来店した時間などを確認。「10分過ぎれば取り消し」などルールは事前に伝えており、落ち度はなかったとして店からの謝罪を一切拒否した。ネット上では不条理なクレームに屈しない態度に好感を持つ人のコメントが寄せられている。

(5月30日)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP