連休で鉄道収入3・5億 陸路は時速25㌔で渋滞

台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施。5日間で3億5000万元の収入があったと発表した。
期間中の1日当たり平均利用者数はのべ74万6796人で、最終日の7日(日)がのべ80万2790人で最多。
一方、高速道では一時、時速25㌔での低速走行を強いられるなど渋滞が頻発した。
(4月8日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP