貯水塔で入浴・排泄 近隣住民への嫌がらせ

台中市に住む69歳の男が、近隣住民とのもめ事からアパートの貯水塔の水を汚染させた件で、台中市地方法院は6月18日(火)、男に対し地域物品破損壊罪などで2年余りの刑を言い渡した。
男は自身が賃貸する屋上物件を中華電信に又貸しし、賃貸料を徴収。これに対し近隣住民らが抗議したことを恨み、嫌がらせとして約1年に渡り貯水塔で入浴や排泄を行った。同法院は男の行為を悪質だとして厳罰に処した。
(6月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市にある外国語教室にて一昨年、講師として勤めるアメリカ籍の女性が妊娠したことを理由に雇用契約…
  2. YouTubeチャンネル「Tolta round the world」が10月末に制作した台湾を…
  3. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
PAGE TOP