貯水塔で入浴・排泄 近隣住民への嫌がらせ

台中市に住む69歳の男が、近隣住民とのもめ事からアパートの貯水塔の水を汚染させた件で、台中市地方法院は6月18日(火)、男に対し地域物品破損壊罪などで2年余りの刑を言い渡した。
男は自身が賃貸する屋上物件を中華電信に又貸しし、賃貸料を徴収。これに対し近隣住民らが抗議したことを恨み、嫌がらせとして約1年に渡り貯水塔で入浴や排泄を行った。同法院は男の行為を悪質だとして厳罰に処した。
(6月18日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP