警察が個人情報不正取得 女性に好意持ち文書偽造

台北市の警察署に勤める警察官の男が、好意を持った女性の個人情報を手に入れたうえ公的文書を偽造し書類送検されていた件で、検察は男が始末書を提出し女性に50万元を支払ったことで起訴猶予処分とした。
 
男は昨年9月、インスタグラムにて女性の写真を発見、好意を持ち職権を乱用して女性の個人情報を取得した。一方女性は自身の個人情報が流出していることを知り通報。調査により男の犯行と判明したが、男は女性が交通違反を犯したため情報を検索したなどと虚偽の釈明をした。
 
女性は男の始末書に犯行動機や情報取得元などが記されておらず、反省の意思が確認できないとして再度の審議を求めている。
(11月28日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 雲林縣口湖郷にある養鶏場で、2月4日(月)大晦日(除夕)の夜、大量の爆竹音に驚いた鶏約1500羽…
  2. Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。…
  3. 高雄市に住む3歳の女児が1月20日(日)、父親に連れられ出かけたガソリンスタンドにて、高圧の空気…
PAGE TOP