誘拐未遂を虚偽投稿 基隆市の夫婦に警告

基隆市に住む男性が8月12日(日)16時頃、仁愛区の廟口夜市付近を妻と娘を伴い歩いていたところ、見知らぬ中年女性に娘を連れ去られそうになるという出来事をSNSに投稿。しかしながら通報を受けた警察が現場付近の監視カメラなどを調べたところ、男性の証言は事実無根であることがわかった。

男性はFacebookページ「基隆人」にて、娘が連れ去られかけた出来事と、子どもから目を離さないよう呼びかける内容を書き込んでいた。基隆市警察が夫婦を取り調べたところ、2人は虚偽の書き込みをしたことを認め謝罪したという。警察は夫妻に悪意がなかったとして今回に限り罰則を免じ、警告のみとした。

(8月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部は近頃、「道路交通違反管理統一罰則基準及び処理細則」の改正を完了。これによると来年1月1日…
  2. 新北市で高齢者の看護師として勤めるフィリピン人女性が、雇用主からセクハラを受けたとして訴えた件で…
  3. 台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたと…
PAGE TOP