誘拐未遂を虚偽投稿 基隆市の夫婦に警告

基隆市に住む男性が8月12日(日)16時頃、仁愛区の廟口夜市付近を妻と娘を伴い歩いていたところ、見知らぬ中年女性に娘を連れ去られそうになるという出来事をSNSに投稿。しかしながら通報を受けた警察が現場付近の監視カメラなどを調べたところ、男性の証言は事実無根であることがわかった。

男性はFacebookページ「基隆人」にて、娘が連れ去られかけた出来事と、子どもから目を離さないよう呼びかける内容を書き込んでいた。基隆市警察が夫婦を取り調べたところ、2人は虚偽の書き込みをしたことを認め謝罪したという。警察は夫妻に悪意がなかったとして今回に限り罰則を免じ、警告のみとした。

(8月13日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  2. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  3. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
PAGE TOP