訪日旅行客の消費ランキング 台湾413億元で2位に

日本の観光庁が先日、今年4~6月における訪日外国人旅行者の消費動向調査に関するレポートを発表。これによると中国人旅行客が中国人旅行客の総消費額は3620億円(967億台湾元)で、台湾は1502億円(413億台湾元)だったことがわかった。

同レポートによると、4~6月の訪日客の消費額は1兆1000億円(3029億台湾元)に達し、旅客数は828万人。中国人旅行客の総消費額は全体の32%を占め首位に立ち、台湾は13%で2位、韓国が12%で3位だった。4位はアメリカが後に続いた。

一方、日本旅行行業協会の統計によると、この夏の日本人の人気旅行先として、ハワイや韓国を抜き台湾がトップ。また大阪の関西国際空港にて8月6日(月)、破損などを理由に日本でスーツケースを買い替えた旅客を対象に、古いスーツケースの無償回収業務をスタートした。

(8月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP