観光目標1086万人 東南アジア客が増加

 

交通部部長・賀陳旦は1月30日(火)に行った記者会見の席上で、今年の訪台客目標数を1086万人とすることを公表した。

同部長はまた、大陸からの旅行客を歓迎すると述べた。台湾では昨年、大陸からの旅行客が減少し、全体数の伸びにも影響が及んだことに言及。しかしながら年末になって東南アジアからの訪台客が増加したため、今年は旅行客らが自由に旅程を決められるようより一層のサービスを提供したいとした。

観光局の統計によると、昨年の観光市場の目標が1000万人、成長率は0.5%だったのに対し、東南アジアからの旅行者は228万人を記録、3割増となった。

(1月31日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP