西門町の路上に水柱出現 大雨で水圧上昇、4階の高さ

台北市では9月8日(土)午後激しい雨が降り、西門町の内江街にて17時頃マンホールから突如水が噴き出すという出来事があった。

マンホールは250kgの重さがあったが、水柱はおよそ4階の高さまで噴出。工務局衛生下水道工程處によると、路肩の排水溝から大量の雨が流れ込み、下水道内の空気が水圧で押されたことが原因という。

水柱は数分で収まったが、現場を走行していた二輪車のタイヤが穴にはまり転倒したのみで、ほかに被害はなかった。

気象局は19時頃雷雨警報を発令。台北・新北・基隆の各地にて浸水警報も出た。

(9月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP