西門町の名物ビル 地元民離れ空き物件

台北市萬華区の商業ビル「萬年商業大樓」に近頃、空き物件が増加している。

同ビルは西門町の中心に位置し、かつてはこのエリアのランドマークとして知られ、若者を中心に大いに賑わっていた。しかしながら近年は海外からの観光客が増加、路面は観光客向けの店舗に一新。ビル内部まで入って来る人も激減し、昨年は4万元だった家賃も3万元に下げられたが、それでも退去する店舗が後を絶たないという。

(7月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP