行方知れずの香港人女性 「竹圍」駅近くで遺体発見

 

2月に旅行で台湾を訪れた香港人カップルの女性(20)の行方がわからなくなっていた件で、台北市警察は3月13日(火)、交際相手の男(21)の供述から捷運「竹圍」駅付近にて女性の遺体を発見した。

女性は2月13日(火)に台湾を訪れたがまもなく連絡が途絶え、心配した父親が警察に通報。17日(土)の監視カメラ映像に男が大型のスーツケースを持って移動する姿が映っていたため、警察は男の行方を追っていた。

香港警察が今月13日(火)、男の身柄を押さえ聴取を行ったところ、女性の殺害及び遺体遺棄を供述。台北市警察が「竹圍」駅付近の草むらを捜索し、女性の遺体の入ったスーツケースを発見した。

男の供述によると、2人はホテルで口論となり、女性の鼻と口を枕で押さえ首を絞め窒息死させたという。遺体はSNA鑑定の後来週にも家族の元へ返される。

(3月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市警察は4月16日(月)、新北市土城区にてアンフェタミンなど覚醒剤を精製する…
  2. 台北市最大の観光夜市「士林夜市」内のカットフルーツ店でフルーツ7袋を1500元に…
  3. 屏東縣政府民政處によると、今年3月末時点の縣人口が昨年12月末より約1000人減…
PAGE TOP