薬品の廃棄量5億錠 鎮痛剤・睡眠薬を常

 

衛生福利部は近頃、この1年台湾で廃棄された薬品量が193tに及ぶとの見積もりを発表した。

薬品は一般市民が購入したものの、期限内に使用せず廃棄した量を算出。約5億錠、台湾の周囲約8周分に相当するという。

健康保護署によると、常備目的で鎮痛剤や睡眠導入剤などを大量に購入し、服用しないまま期限切れとなるケースが多いという。

(5月23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  2. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  3. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
PAGE TOP