薬品の廃棄量5億錠 鎮痛剤・睡眠薬を常

 

衛生福利部は近頃、この1年台湾で廃棄された薬品量が193tに及ぶとの見積もりを発表した。

薬品は一般市民が購入したものの、期限内に使用せず廃棄した量を算出。約5億錠、台湾の周囲約8周分に相当するという。

健康保護署によると、常備目的で鎮痛剤や睡眠導入剤などを大量に購入し、服用しないまま期限切れとなるケースが多いという。

(5月23日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. Facebookページ「10秒教室」にて近頃、婚礼に参列する際のご祝儀額などをテ…
  2. 澎湖県の小島・花嶼島にある〝台湾最西〟の小学校「花嶼國小」にて6月12日(火)、…
  3. 花蓮市にある心身障がい児施設「花蓮県私立美崙啓能発展中心」にて、近頃、勤務看護師…
PAGE TOP