華山バラバラ殺人 犯人の男に死刑求める

台北市中正区華山「草原自治区」で今年6月、女性が殺害後遺体を切断・遺棄された事件で、台北地方検察署は8月14日(火)、犯人とされる37歳の男を強制猥褻及び殺人などの罪で起訴した。

同署によると、司法解剖の結果女性の遺体は死後犯人によって犯され、13個に解体されたうえ7つの袋に入れ遺棄されたことが判明。検察は男の殺害手口が非常に残虐であるとして、裁判所へ極刑である死刑を求めている。

(8月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市にて自家用車を運転中の男性がほかの車両に接触、飲酒していたため摘発を恐れ香水で口を漱いだと…
  2. 台湾鐵道では4月4日(木)~7日(日)の清明節連休に際し、3日(水)から特別ダイヤでの運行を実施…
  3. 4月8日(月)夜、台北市信義区の象山を訪れたカップルが、刃物を持った男に脅され700元を奪われる…
PAGE TOP