華山バラバラ殺人 犯人の男に死刑求める

台北市中正区華山「草原自治区」で今年6月、女性が殺害後遺体を切断・遺棄された事件で、台北地方検察署は8月14日(火)、犯人とされる37歳の男を強制猥褻及び殺人などの罪で起訴した。

同署によると、司法解剖の結果女性の遺体は死後犯人によって犯され、13個に解体されたうえ7つの袋に入れ遺棄されたことが判明。検察は男の殺害手口が非常に残虐であるとして、裁判所へ極刑である死刑を求めている。

(8月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 交通部は近頃、「道路交通違反管理統一罰則基準及び処理細則」の改正を完了。これによると来年1月1日…
  2. 新北市で高齢者の看護師として勤めるフィリピン人女性が、雇用主からセクハラを受けたとして訴えた件で…
  3. 台湾の映画監督・鈕承澤が12月5日(水)、新作「跑馬」の撮影中、女性スタッフに性的暴行を加えたと…
PAGE TOP