華山バラバラ殺人 犯人の男に死刑求める

台北市中正区華山「草原自治区」で今年6月、女性が殺害後遺体を切断・遺棄された事件で、台北地方検察署は8月14日(火)、犯人とされる37歳の男を強制猥褻及び殺人などの罪で起訴した。

同署によると、司法解剖の結果女性の遺体は死後犯人によって犯され、13個に解体されたうえ7つの袋に入れ遺棄されたことが判明。検察は男の殺害手口が非常に残虐であるとして、裁判所へ極刑である死刑を求めている。

(8月15日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP