英BBCが選ぶ映画100作 台湾から5作、1位は黒澤

イギリスのBBC社は10月30日(火)、「史上最高の外国語映画100本」を発表。ホウ・シャオシェン(侯孝賢)、エドワード・ヤン(楊徳昌)、アン・リー(李安)の3監督の作品が選ばれた。

ホウ・シャオシェン監督は「悲情城市」が18位、エドワード・ヤン監督は「ヤンヤン 夏の想い出」と「牯嶺街少年殺人事件」がそれぞれが25位と38位。またアン・リー監督の「恋人たちの食卓」が54位、「グリーン・デスティニー」が78位に入った。

なお、1位は日本の黒澤明監督による「七人の侍」だった。

 

(10月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP