花蓮で国慶節花火 縣民3分の2反対

 

台湾の蔡総統が最近、今年10月10日(水)の国慶節に際し、花蓮にて花火の打ち上げを行うことを発表。これに対しFacebookページ「花蓮人」、「花蓮同郷會」に所属する花蓮縣民らが異を唱えている。

4月2日(月)時点で縣民らの意見は100通以上寄せられ、うち反対意見は3分の2にのぼる。行政の考えとしては今年2月に発生した大地震の被災地に観光客を誘致する目的と思われるが、縣民らは「環境を破壊する」、「(花火の)費用の使い道はほかにあるはず」、「節約して(被災地の)復興に使ってほしい」といった声が多く上がっている。

なお花蓮縣では余震が収まらず、不安も募っているとみられる。

 

(4月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
  2. 南投縣の山間に本部を置くカルト教団「中華白陽四貴霊寶聖道会」が今年9月、教育と称し信者の集団虐待…
  3. イタリア仕込みの本格ピザ六張犁駅から徒歩10分のショッピングモール「遠企購物中心」近く、隠れ…
PAGE TOP