花蓮で国慶節花火 縣民3分の2反対

 

台湾の蔡総統が最近、今年10月10日(水)の国慶節に際し、花蓮にて花火の打ち上げを行うことを発表。これに対しFacebookページ「花蓮人」、「花蓮同郷會」に所属する花蓮縣民らが異を唱えている。

4月2日(月)時点で縣民らの意見は100通以上寄せられ、うち反対意見は3分の2にのぼる。行政の考えとしては今年2月に発生した大地震の被災地に観光客を誘致する目的と思われるが、縣民らは「環境を破壊する」、「(花火の)費用の使い道はほかにあるはず」、「節約して(被災地の)復興に使ってほしい」といった声が多く上がっている。

なお花蓮縣では余震が収まらず、不安も募っているとみられる。

 

(4月2日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP