結婚式で無銭飲食の娘 駅前で物乞い行為も

 

台北市内に住む男性が5月15日(火)、松山火車駅付近にて女性から食事をしたいとして金銭を要求され、良心から100元を渡した後、その女性が他人の結婚式に潜り込み食事をする〝婚宴蟑螂〟だったことが判明。一連の出来事をFacebookページ「爆廢公社」に投稿した。

男性によると、金を手渡し離れた後で女性の顔に見覚えがあったため振り返ったところ、かねてよりネット上を騒がせている〝婚宴蟑螂〟親子の娘だったと思い出したという。この親子は昨年、新郎新婦の友人を騙り他人の結婚式に潜入、食事をし残飯を持ち帰ったほか、飲食店での無銭飲食などの行為が詐欺に当たるとして起訴されていた。

(5月16日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP