米シェアバイク撤退 進出からわずか1年

昨年8月台湾に進出したアメリカのバイクシェアリング「V BIKES」が、わずか1年で台湾市場を撤退することを決めた。

「V BIKES」はスタンド不要、スマホアプリで貸出・返却を行うサービスで、宜蘭に180台、高雄に100台を展開。しかしながら「You Bike」に加え昨年4月参入したシンガポールの「o Bike」との競争に敗れたものとみられ、6月までに全車を回収する。

(4月17日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市信義区の世界貿易センターにて、「2018台湾美食展」が8月10日(金)~13日(月)の会期で催…
  2.   待望の2号店!光復南路の隠れ家的レストラン「ピュア・クッチーナ」が…
  3. 屏東縣「墾丁国家公園」敷地内の海岸で7月30日(月)、自殺を試みた40歳代の男性がサンゴ礁の隙間に身…
PAGE TOP