第54回台湾金馬映画祭 プレゼンターを決定・発表

 

11月4日(土)に開幕した第54回台湾金馬映画祭のプレゼンターが、14日(火)、発表された。

今年はツイ・ハークやエリック・ツァンら香港の映画制作会社「新芸城」の7人に加え、ホァン・ボー、アリエル・リン、小S、周冬雨、馬思純、張艾嘉ら大物役者陣のほか、アメリカの女優ジェシカ・チャスティンがプレゼンターを務める。授賞式は25日(土)19時から国父紀年館にて開催。

また主演男優賞、助演男優賞、視覚効果賞など5部門にノミネートされた33歳の新鋭監督・程偉豪による台湾映画「目撃者 闇の中の瞳」に注目が集まっている。

(11月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP