第54回台湾金馬映画祭 プレゼンターを決定・発表

 

11月4日(土)に開幕した第54回台湾金馬映画祭のプレゼンターが、14日(火)、発表された。

今年はツイ・ハークやエリック・ツァンら香港の映画制作会社「新芸城」の7人に加え、ホァン・ボー、アリエル・リン、小S、周冬雨、馬思純、張艾嘉ら大物役者陣のほか、アメリカの女優ジェシカ・チャスティンがプレゼンターを務める。授賞式は25日(土)19時から国父紀年館にて開催。

また主演男優賞、助演男優賞、視覚効果賞など5部門にノミネートされた33歳の新鋭監督・程偉豪による台湾映画「目撃者 闇の中の瞳」に注目が集まっている。

(11月14日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP