第二原発2号機再稼働に同意 電力不足めぐり賛否対立か

 

台湾電力は3月20日(火)、新北市万里区にある第二原子力発電所に関し、行政院原子能委員会より2号機再稼働への同意公文書を受け取ったことを発表。翌21日(水)より再稼働に向けた作業に着手している。

同発電所は2016年5月、発電機に備え付けられた避雷装置が破損、以来670日以上に渡り稼働を停止。昨年12月までに修復が完了し、台湾電力は行政院へ再稼働を申請していた。21日(水)は最終安全検査を実施、再稼働作業には5日間を要し、作業が順調に進行すれば、29日(木)にも再稼働。98.5万キロワットの電力を供給するだけでなく、2.7%の備蓄電力もまかなうことができ、4月の電力不足を回避できるという。

同発電所では3号機が4月初旬から45日間に渡り修繕作業に入るため稼働を停止する予定で、95万キロワットの電力が失われる。そのため4~5月の備蓄電力量が5%まで下降、有事の電力不足が懸念される。

一方、経済部長など一部では電力量は十分であり、大気汚染への懸念から再稼働に反対する声もある。

(3月21日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 公式発表では80慢人を動員したとされる高雄市の年越しカウントダウンイベント会場で、パパイヤミルク…
  2. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  3. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
PAGE TOP