移民労働者の権利保護 名称変更で差別撤廃へ

内政部長・徐國勇氏は5月3日(金)、桃園市蘆竹区にある義美食品工場にて行われた移民労働者に関するイベントに出席。この席上で移民署は外国人居留証に記載された身分を「外労(外国人労働者)」ではなく「移工(移民労働者)」に変更することを発表した。
同イベントでは「移民労働者に関心を、権利の保護を」と題し、社会における移民労働者の存在の支持及び尊重を呼びかけた。「外労」の名称はこれまで差別的に使われることが多く、この偏見を撤廃する目的があるとみられる。
台湾に居住する移民労働者は現在約70万人、桃園市にはうち11万人が居住。義美食品工場では約400人が雇用されている。
(5月3日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP