真夜中の屋台に迷惑な客 品切れに「訴える」と脅す

 

台湾のフェイスブックページ「爆怨公社」にて10月29日(日)、鹽酥雞の屋台を経営する男性が出くわした迷惑客についての書きこみに対し、ネットユーザーが男性に共感、憤りを表す書きこみが相次いでいる。

男性によると同日深夜、店じまいの支度をしているところに子どもを連れた年配の女性がスクーターで現れ、商品が残りわずかであることに憤慨。「私はビルの管理責任者で、弁護士もいる。訴えてやる」などと述べ、男性を脅したという。

ネット上では「薬のやりすぎだ」など女性の行為を皮肉るほか「管轄のビルの前では商売をしない方がいいかも」と心配する声も見られた。

(10月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北市政府環境保護局は11月13日(月)、「市空気品質悪化防止措置」を公布。これ…
  2. 1 諸国に足並み揃える? 出国税導入の影響に賛否両論2 北朝鮮の兵士、板門店JSAで銃撃を受…
  3. 香川県大使に認定「土三寒六」は2006年6月、台湾初の讃岐うどん専門店として創業。「…
PAGE TOP