真夜中の屋台に迷惑な客 品切れに「訴える」と脅す

 

台湾のフェイスブックページ「爆怨公社」にて10月29日(日)、鹽酥雞の屋台を経営する男性が出くわした迷惑客についての書きこみに対し、ネットユーザーが男性に共感、憤りを表す書きこみが相次いでいる。

男性によると同日深夜、店じまいの支度をしているところに子どもを連れた年配の女性がスクーターで現れ、商品が残りわずかであることに憤慨。「私はビルの管理責任者で、弁護士もいる。訴えてやる」などと述べ、男性を脅したという。

ネット上では「薬のやりすぎだ」など女性の行為を皮肉るほか「管轄のビルの前では商売をしない方がいいかも」と心配する声も見られた。

(10月30日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP