病気の女性に老人が恫喝 「若者は席を譲るべき」

Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。
女性は化学治療を受けた帰り、MRTの車内で優先席(博愛座)に座っていると、乗客の男性が近くにいた親子連れに席を譲りながら「70歳の老人でも席を譲るのにお前のような若者が譲らないのか」と怒鳴られ、執拗に迫られたという。女性がたまりかねて「私はがんなんです」と叫ぶと車内は静まり返った。
また前立法委員・林國慶が自身のページにて「高鐵の優先席は若者が座っていて老人が立っている」、「台湾の教育の失敗例だ」と投稿。賛否のコメントが相次いでいる。
(2月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  2. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
  3. 広島的ソウルフード六張犁駅から徒歩10分、裏路地に佇む鉄板居酒屋「鐵匠」。広島出身の一代目と…
PAGE TOP