病気の女性に老人が恫喝 「若者は席を譲るべき」

Facebook状の掲示板「爆怨公社」にて近頃、がんを患う女性の投稿が議論を醸している。
女性は化学治療を受けた帰り、MRTの車内で優先席(博愛座)に座っていると、乗客の男性が近くにいた親子連れに席を譲りながら「70歳の老人でも席を譲るのにお前のような若者が譲らないのか」と怒鳴られ、執拗に迫られたという。女性がたまりかねて「私はがんなんです」と叫ぶと車内は静まり返った。
また前立法委員・林國慶が自身のページにて「高鐵の優先席は若者が座っていて老人が立っている」、「台湾の教育の失敗例だ」と投稿。賛否のコメントが相次いでいる。
(2月11日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台中市豊原区の書店「三民書局」が9月30日(月)をもって閉店することを発表していた件で、近頃店舗…
  2. 日本や韓国などのTV放送や映画を違法に視聴できるストリーミング視聴機器「QBOX(千尋盒子)」が…
  3. 夏バテからの回復今日はちょっと大人数で食事ってことになったので、そんな時こそ…
PAGE TOP