生後3日の男児遺棄 「誰かに拾ってもらえれば」

8月21日(火)19時半頃、新北市鶯歌区の路上に停められた1台のバイク上にて、警察官が生後間もない男児の遺体を発見。監視カメラの映像から遺体を遺棄した21歳の女を割り出した。

女は未婚で、18日(土)午後自宅トイレにて男児を出産。家族に言えず、3日間に渡り隠した後バッグに入れて持ち出し「心やさしい人に拾ってもらえれば」との思いで路上に停めてあったバイクのステップ板の上に遺棄したことを供述。警察の調べでは男児は体重2500g、へその緒も付いたままで、餓死したものとみられている。また女には3歳になる子どもが1人いるが、いずれも関係のある男性の数が多く、父親は特定できないと話している。

(8月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP