生後3日の男児遺棄 「誰かに拾ってもらえれば」

8月21日(火)19時半頃、新北市鶯歌区の路上に停められた1台のバイク上にて、警察官が生後間もない男児の遺体を発見。監視カメラの映像から遺体を遺棄した21歳の女を割り出した。

女は未婚で、18日(土)午後自宅トイレにて男児を出産。家族に言えず、3日間に渡り隠した後バッグに入れて持ち出し「心やさしい人に拾ってもらえれば」との思いで路上に停めてあったバイクのステップ板の上に遺棄したことを供述。警察の調べでは男児は体重2500g、へその緒も付いたままで、餓死したものとみられている。また女には3歳になる子どもが1人いるが、いずれも関係のある男性の数が多く、父親は特定できないと話している。

(8月22日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  2. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
  3. 高雄市橋頭地方検察署は5月14日(火)、3歳の女児が今年1月ガソリンスタンドの高圧空気入れによる…
PAGE TOP