現代舞踏団の屋外公演 創設者の引退前に盛況

キャセイ・ファイナンシャルと台湾のダンスカンパニー「雲門舞集」の共同開催による屋外公演が7月27日(土)、中正紀念堂にて行われ、広場は大勢の観客で埋め尽くされた。
雲門舞集は今年で創設45周年。創設者でありアートディレクターの林懐民氏は今年度末での引退を表明しており、同公演は「林懐民傑作選」と題しこれまでの作品から代表的なものを抜き出し上演した。
キャセイ・ファイナンシャルではこれまで24年に渡り「國泰芸術節」として雲門舞集の公演をサポート、累計200万人の観客を楽しませてきた。
(7月30日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP