玉山の山荘で求人募集 75kg電池運び8千元

 

南投、嘉義、花蓮縣に跨る玉山国家公園内の中腹にある排雲山荘にて近頃、設備交換など環境保全に着手。太陽光発電に使われる鉛蓄電池80個を廃棄するため、登山客らに対し運搬の協力を呼び掛けている。

鉛蓄電池は1個当たり75kgと重量があるため、運搬には費用がかさむ。

同山荘管理者は登山客らの協力を扇ぐため、1個運ぶごとに8000元を支払い、塔塔加登山口の警察局までの運搬を依頼。

1人でも複数人でも参加でき、日数も問わないという。

ネット上ではたちまち話題となったが、次第に「金を得ても使う前に命を落とす」などと消極的な意見が書き込まれるようになった。

(7月3日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP