無銭宿泊の男を送検 清華大の研究員装う

新竹市警察は6月10日(月)、清華大学の研究員を名乗りホテルで無銭宿泊を繰り返していた35歳の男を詐欺罪で送検した。
警察によると男は過去にも詐欺の前科があり、学歴は中学校卒業資格のみでありながら清華大の研究員を詐称。台北などのホテルに「学術研究のため」と称して滞在、宿泊費と飲食費は大学が支払うと話し立ち去った。後にホテル側が大学へ代金を請求したところ該当の人物が在籍していないことが発覚し、警察に被害届を提出。
今回は新竹市内のホテルに出没、手配情報からホテルが通報し駆け付けた警察によって拘束された。男は一文無し状態で、カバンには他ホテルの備品が入っていたという。
(6月10日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP