清明節4連休鉄道切符 発売開始1分で13万枚

4月4日(木)~7日(日)の清明節休暇に際し、台湾鐵道の切符が3月20日(水)0時に発売。瞬時に16万人超がアクセスし、わずか1分間で12万7609枚のチケットが購入された。
発売開始から1分間の取引数は6万9531件に達し、1秒間に2126枚が売れた計算。昨年の5万9134件、11万4220枚を超える取引となった。
また4連休に際し台鐵では運航便数を252便追加したが、ピーク時の長距離便は即完売。ネットではアクセスの障害が多発し、旅行代理店や専門業者らがプログラムを使って買い占めたのではないかという声も上がっている。
(3月20日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP