深夜のLINE受信 姉弟のやりとりに失笑

台湾に住む男性が12月21日(金)同日深夜、姉から「今後、両親の面倒をよく見てね」とのメッセージを受信し、自殺かと慌てたやりとりをネットに投稿。ネット上で失笑を誘っている。
男性はすぐに「もし自殺を考えているなら、両親の面倒なんか見ないし、むしろ毎日虐待してやる。ベッドに縛り付けて俺の臭い靴下の臭いを嗅がせる」と返信。さらに「もし結婚するなら両親のことは心配いらない、幸せになれ」と送った。すると姉からは「台中に転勤するかもしれない」との返信。弟は「深夜にこんなメッセージを見れば誰だって誤解する」と憤慨したという。
(12月21日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 高雄市で2歳の女児が7月5日(金)夜、親が目を離した隙にタブレット端末で動画を見ながら自宅を離れ…
  2. 行政院院長・蘇貞昌が近頃、殉職した警察官の葬儀に参列した際、芳名帳に記入した後ペンを投げ捨てたと…
  3. エバー航空の客室乗務員らによるストライキが、7月9日(火)24時をもって終結。同日22時過ぎには…
PAGE TOP