深夜のLINE受信 姉弟のやりとりに失笑

台湾に住む男性が12月21日(金)同日深夜、姉から「今後、両親の面倒をよく見てね」とのメッセージを受信し、自殺かと慌てたやりとりをネットに投稿。ネット上で失笑を誘っている。
男性はすぐに「もし自殺を考えているなら、両親の面倒なんか見ないし、むしろ毎日虐待してやる。ベッドに縛り付けて俺の臭い靴下の臭いを嗅がせる」と返信。さらに「もし結婚するなら両親のことは心配いらない、幸せになれ」と送った。すると姉からは「台中に転勤するかもしれない」との返信。弟は「深夜にこんなメッセージを見れば誰だって誤解する」と憤慨したという。
(12月21日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 東京渋谷区に本社を置く株式会社アトレが1月10日(木)、台北市信義区の商業施設「Breeze南山…
  2. 台湾農業委員会は近頃、ブタの死骸が遺棄される案件が多発しており、昨年12月19日(火)から1月8…
  3. 台湾鉄道局は1月9日(水)0時より、春節期間中の東部鉄道チケットを発売。販売開始1分で14万60…
PAGE TOP