深夜のLINE受信 姉弟のやりとりに失笑

台湾に住む男性が12月21日(金)同日深夜、姉から「今後、両親の面倒をよく見てね」とのメッセージを受信し、自殺かと慌てたやりとりをネットに投稿。ネット上で失笑を誘っている。
男性はすぐに「もし自殺を考えているなら、両親の面倒なんか見ないし、むしろ毎日虐待してやる。ベッドに縛り付けて俺の臭い靴下の臭いを嗅がせる」と返信。さらに「もし結婚するなら両親のことは心配いらない、幸せになれ」と送った。すると姉からは「台中に転勤するかもしれない」との返信。弟は「深夜にこんなメッセージを見れば誰だって誤解する」と憤慨したという。
(12月21日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 台北地方検察署は11月5日(火)、市警察局文山第一分局に勤める46歳の男を、恐喝及び詐欺罪で起訴…
  2. 南投縣の山間に本部を置くカルト教団「中華白陽四貴霊寶聖道会」が今年9月、教育と称し信者の集団虐待…
  3. イタリア仕込みの本格ピザ六張犁駅から徒歩10分のショッピングモール「遠企購物中心」近く、隠れ…
PAGE TOP