派出所電光マーカー 不適切な文言表示

 

彰化縣二水郷にある派出所で、6月17日(日)、入口上部に掲げられた電光マーカーに下品な文言が表示されたのを近隣住民が目撃し、ネット上で公開。たちまち物議を醸し批判が集中している。

目撃者は同日夜、田中分局源泉派出所近辺を通行した際、問題の表示を発見。「ハッキングされたのか、もしくは…?」とコメントを添えFacebook上にて画像を公開した。

電光マーカーは本来、住民の注意や安全を呼び掛けることなどを目的に使用されるもの。警察によると、PCや携帯アプリから文字を打ち込むと表示されるシステムで、警官の1人が夜間に接続状態のテストを行った際、文言の〝誤植〟があったと説明。当該の警官は懲戒処分としたという。

(6月19日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 10月5日(土)に行われた第54回金鐘奨の表彰式で、ドラマ「私たちと悪の距離(我們與惡的距離)」…
  2. 公務員の給与補助や休暇制度に基づき使用されるクレジットカード「国民旅游カード(國旅卡)」に関し、…
  3. インドネシア人看護師の女性が雇用主の男から違法に労働させられ監禁されていた件で、新竹司法検察署は…
PAGE TOP