死亡者多発の呪われたビル 不動産取引はお構いなし

過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化していることがわかった。
同マンションは新生北路と錦州街の交差点に位置する錦新大楼。かつては「時代大飯店」というホテルで1984年に火災が発生、19人が命を落とした。その後も再びの火災で2人が死亡、飛び降り自殺やカップルの心中を合わせ計24人が亡くなっており台湾では有名な「凶宅」として知られる。
しかしながら2013年以降、マンション内の物件取引件数が増加。14年には屋上の頂楼が同条件の中古物件よりも10万元高い64万元で売却されるなど、このエリアでは他物件よりも約2割高く取引されている。
(1月29日)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 近頃の日本円の高騰を受け、日本好きの台湾人旅行者の間で〝旅行控え〟に走る声が挙がっている。…
  2. 現在世界的に公開中のハリウッド映画「名探偵ピカチュウ」が、公開初日となる5月9日(木)1日の台湾…
  3. 桃園市の客室乗務員組合「空服員職業工會」は5月13日(月)よりストの可否を問う投票を開始。初日に…
PAGE TOP