歴史上の人物オマージュ? スーパー中秋節CM打ち切りに

大手スーパー「全聯福利中心」が中秋節に向け制作したCMに関し、過去の歴史的事件を想起させるとの指摘が相次ぎ、同社は8月6日(月)、CMの放送を打ち切った。

CMは「感謝」をテーマに、3人の人物が過去に受けた恩を思い返す光景を撮影したもの。そのうち1人の青年の映像が1981年に亡くなった陳文成氏を彷彿とさせるとの意見が集中した。陳氏は〝白色テロ〟の犠牲者とされ、CMの時代設定が陳氏の没年「民國70年」であること、青年の役名の姓やプロフィールの学歴も同じであることなどが次々と挙げられた。

「陳文成基金會」関係者は「陳氏を思い出すきっかけになった」として肯定的に受け止めるコメントを発表している。

(8月8日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 過去34年間に24人の居住者が亡くなっている台北市中山区のマンションで、近年売買取引が活発化して…
  2. 桃園市政府経済發展局は、一般家庭の新型家電買い替えに1台当たり最高で3000元の補助金を給付する…
  3. 近頃ネット上でエバー航空の客室乗務員がオランダで売春行為をしているとの噂が流布されている件で、桃…
PAGE TOP