桃園の人気「油飯」老舗店 100年の歴史に幕下ろす

 

桃園市大渓区にある老舗飲食店「游記百年油飯」が10月17日(火)、その歴史に幕を下ろした。

同店はもち米で作る台湾料理「油飯」の専門店。当代の経営者は四代目で、毎朝5〜6時から仕込みを始め、創業時から製法を変えず、木製桶での手作りを貫いてきた。塩分と油を控え、弾力のある口当たりを特徴とし、多くの市民に愛される名店となった。

閉店に際し、経営者は同店の公式フェイスブックに、周辺の商業施設との競争に疲れたこと、跡継ぎがいないことなどを理由とし、7日(土)での閉店を発表。しかしながら突然のニュースを受け、常連客が延長を懇願し、17日(火)へと引き延ばされた。

(10月18日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

カテゴリー

ピックアップ記事

  1. 炭火焼鳥とワインの店林森北路沿い、康楽公園前にひっそり佇む「東京田町・鳥心」は、備長炭でじっ…
  2. 台北市大同区のクレーンゲーム店にて、今年7月、1人の男性客が不正な手段で商品を獲得したとして訴えられ…
  3. 台南市で果物の砂糖漬け「蜜餞」売りを営む65歳の女性が、自身の身の上を詐称していたことがわかった。…
PAGE TOP